06≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08
■ スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | | top↑
■ 全国2 KAN FU FIGHTING オーラスMC①


とりあえずオーラスのMCを途中まで。ぉぃ

オーラスは詳しく書きたいんで、詳しく書きました。
取ってたメモと記憶が頼りでしたよ。笑



□オーラス□

「改めまして、関ジャニ∞です!!」
『どーも!こんばんは!!』
「いよいよラストですね」
『はいっ』
「いやー、エイトレンジャー過去最高に長かったんじゃないですか?笑」
「最高ですよ!一番長かったですよ。笑」
「僕らは楽しかったですけど、ごめんなさいね。笑」
「おもろかったー。悪ノリも悪ノリやってんから。笑」
「おはよーございます」
「横浜アリーナであんなんやってええんかね。笑」
「あれやって、ドックンがあんなことやったのも」
「打ち合わせ全くしてへんからな~」

「かつてないよなぁ。笑」
「かつてないな。笑」
「凄いな~」
「でもやりすぎて薄れちゃったけど」
「小山くんと加藤くんが来てくれてんもんな」
「こっち来てる?・・・あ、来てる?どうぞどうぞ」

と、ステージにあがる小山くんと加藤くん。
もちろん私服です。

『いらっしゃいませ~』
「おはよーございます」慶
「どうも、小山慶一郎とも申します」慶
「加藤成亮でーす」成
「ありがとう」
「頭から見てくれてたん?」
「はい、見てました」慶
「なんか嬉しいなぁ。ごめんな、対した会話せぇへんかったけど」
「大丈夫です」慶
「・・俺小山くんにな、前から言おうと思ってんやけどな」
「小山くんって無駄にスタイルええよな」

「確かにな、スタイルええよな。背高いしな」
「・・・なんで?足長くて目ぇ細いやんな」
「目とスタイルは関係ない。笑」
「加藤くんも、見てくれてて嬉しいわー・・・」
「はい」成
「どうでした?」
「ここまで見てみて」
「えーっと・・・怖いです」慶
「なんでよ?」
「俺、大倉くんとかの気持ちがシゲと見てて・・・」慶
「あ、いつ自分がふられるかと?笑」
「怖いやろ~?泣」
「怖い!」慶
「怖いねんホンマに。泣」
「そうやって俺らは強くなってきたからな。笑」
「ホントに強いと思う!」慶
「だから、俺これホンマに聞いた話やねんけど」
「TVとかのロケで大倉がピンでいってたら「大倉くんって強いねー」って言われてん」
「凄いパワーついてんもんな。笑」
「俺らもそうやもんな」

「自由やもん、ホンマに」
「だからフリが凄い怖い。笑」慶
「フリ怖い」
「ヨコの場合ふったらほったらかしやもん。笑」
「フォローないですからね」成
「凄いな。でもー・・・頑張ろう」
「薄いな。笑」


「ドラマも見てたよ」
「そうそう見たよ、ブス恋!」
「見たよ、ナースのお仕事!」

「お仕事じゃないです。あおいちゃん。笑」慶
「あおいちゃん!見た見た!白衣きて」
「そうです!」慶
「「なにやってんだよ!」って!見た見た」
「ほんでブス恋でラーメンやって!」
「はい!」成
「バンダナがな、お洒落してんねやんな」
「はい。笑」成


「この前な、テゴマスが来ててんで」
「言ってました」慶
「小山くんの悪口言って帰ったけど」
「「あいつ目ほせぇんだよ!」って」

「ちょっとキレ気味でな!笑」
「まぁ、結構一年中言われてますけど。笑」慶
「今日は開いてる方やんな?」
「今日は・・・(モニター見ながら)結構でかいですね。あ、今日はいいわ」慶
「よかったよかった。出て来たとき開いてんのかなーって思ったけど」
「結構いいな。笑」慶


「にしてもお洒落やな~・・・二人とも」
「スタイリッシュやね~」

「そやね~」
「なんか東京の子って感じですよね~。笑」
「東京ですみたいな感じやもん。めっちゃ東京やわ。笑」
「・・・なにこれ?」


小山くんのポケットからなにやら長い紐が・・・。

「これケイタイです」慶
「ケイタイなんでこんな長いねん!」
「ケイタイもっと凄いです」慶
「なんやこれ!」
「見てこれ!」

と、小山くんを携帯電話を見せるキミくん。
小山の携帯電話は黒くて「」←がデコってあった。

「イナズマやイナズマ」
「お洒落~」
「割ってええ?」
「ダメですよ!」慶
「なんでイナズマなん?」
「イナズマ好きなんですよ」慶
「でもドクロも好きなんやろ?」
「ドクロも好きですね」慶
「背中なんてな~ドクロのな」

小山くんの着てる服の背中にドクロのデザインが。

「なにこのピーコさんのファッションチェックみたいなの。笑」
「なんか結構コイツ・・・」慶
「俺はいいよ」成
「黒で今日はまとめてみましたみたいな」
「なんか最近俺はロックにまとめてるって」慶
「靴も凄い靴やねんな!キラキラやん。ブッチャーみたな靴やで」
「そんなに尖ってへん。笑」
「まぁ、このあとも楽しんでってください」

『ありがとー』
「カウントダウンで会おうな!」

振り向かずハケる二人。

「お前とは会いたないって。笑」


「ホンマね、色んなファンの方のおかげでこのツアーを乗りきれたかなと」
「ホンマですね」
「ありがとうございます」
『ありがとうございます』
「立ち見のお客さんもねー居てくださって」
「だってさ、こんだけのお客さんが居てなかったら」
「あんなふざけたって何の意味もないからな。笑」
「ホンマに嬉しいな。スタッフさんにも色々手伝ってもらって」

「なんやかんや言うてホンマにコンサートはね、今年ジャニーズで一番やらしてもらったし、、」
「でもそんだけね、来て下さるみんながいたから出来たワケで」

「大倉と俺は相当多いからね。演舞城あったし」
「280ステージですよ」

「ありがたい1年やったね」
『うん』
「来年はどうするんでしょうね」
「1月は今ンとこガラガラですから、スケジュール」
「ボクは入ってますよ」
「あ、ヨコはな、大根役者的な・・・」
「大根役者ちゃうよ!」
「ドラマな!笑。オンエアいつから?」
「1月11日ですかね、拝啓、父上様」
「楽しみやな~」
「あとドックンが・・・」
「はい!じゅ~1月ですね!あ、1月です!1月の13日です」
「1月の13日土曜夜9時からアテンションプリーズスペシャル」
「それに出ています。錦戸亮でした」

「あ、俺明日ですわ。はぐれスペシャル。夜9時から」
「さっきなんかやってたな。はぐれの再放送。ずっと見てたよ俺」
「昔のヒナちゃん。あのヒナちゃん見たら確かにあなた今肌綺麗になってるわ」

「そうでしょ!!!!ありがとうございます」
「髪の毛黒くて、金魚のフンみたいにずっとくっついてましたね」
「植草さんがね、殉職するのも見所なんで、せひ見て下さい」


「でもホンマ楽しむだけ楽しんだらカウントダウンだけやもんね」
「ホンマやね~」
「ホンマみなさん悔い残さないよう」
「思いっきり楽しんで!」
「ホンマにね」
「こんだけたのしませてもらってるから」
「みんなも僕らに負けないくら今日は盛り上がっていって下さい」

「さぁ!それでわ後半戦行きましょうか!!」



・・・・・・・・・。


「行くよ!?」


「えぇ~!!!!!!」客


「ノリ悪っ!!!!」

「ノッてくれへんな」
「行くよ?そりゃ」
「唐突やからビックリしたんでしょ?ね?」
「どうしたいの、どうしたいの?」

「もっと喋って!!」

「え?あ、もっと喋れってこと?よしっ!喋ったろ!」
「早かったな今」
「これも第二の一驚よのぉ~!ホホホホホ~。笑」





・・・to be continued.




続きは待っといてね~。笑




スポンサーサイト
テーマ:関ジャ二∞ - ジャンル:アイドル・芸能
関ジャニ∞ | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
<<全国2 KAN FU FIGHTING オーラスMC② | ホーム | 横浜アリーナ IN エイトレンジャーレポ。>>
comments
please comment--------














管理者にだけ表示を許可する
trackback
トラックバックURL
http://mugendaidayo.blog56.fc2.com/tb.php/135-838f96ec
| ホーム |
記録
ジャニーズ参戦記録とレポです。 レポは主に関ジャニ∞になります。
  • 参戦記録
  • コンサートレポ
  • ブログ全記事表示
    ブログ内検索
    ケイタイから☆
    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。